福岡県
エリア
習い事
検索条件に合致する教室:3,698件だわ〜

福岡県の、習い事検索結果

リトルそろばん教室 九大学研都市校

福岡県
そろばん
福岡県
そろばん
このたび当スクールは、株式会社に改め 10月3日より株式会社リトルスクールとなります。 リトルスクールについて おかげ様を持ちまして当校は令和4年12月に25周年を迎えます。 これもひとえにお一人お一人の生徒様、保護者の方々の温かいご理解とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。 これからもお一人お一人に心の籠った丁寧な指導を心掛け講師一同精進して参ります。 当校は、一つの集会室のそろばん教室からスタート致しまして今年創業25周年を迎えさせて頂き、現在では、海外、国内で多数のお教室を運営させて頂いております。 当校は、全ての方々にきめ細やかなご指導ができるよう本校西新校では、10名程の講師を配属、その他の教室は生徒数に合わせた講師の人数を配属しております。 各教室でのお子様方のお教室でのご様子・進行状況・検定試験等のお話しを保護者の方々にお伝えし、三位一体となって進めて参ります。 また、保護者の方々からのご相談等もいつでも承っております。 お子様や保護者の方々のご希望に添うご指導をいつも心掛けております。 当校にしかできないお教室の魅力を一度ご覧ください。 当校は20年以上勤続の優しいベテラン女性講師が揃っておりますので、安心してお子さまをお預けください。 お父様、お母様方もお教室で、お子さまとご一緒にレッスンを受講なさるかたが増えております。 当校の魅力を体験して頂けるよう1日無料体験レッスンがございます。 お教室でも、オンラインでも行っております。 お気軽にお電話にて御予約ください。 〜リトルスクール講座について〜 □オンラインレッスンについて □そろばんについて □プログラミングについて ■オンラインレッスンについて■ 【リトルZOOMスクールの魅力】 ★オンライン(通信教育)レッスン10年以上の実績! ★幼児様でもレッスン受講可能! ★当校の研修をしっかり受けた講師多数所属! ★海外にお住いの方で時差がある場合(日本時間深夜)でも受講可能! ★オンラインレッスンにてご体験レッスンも受講可能! ★全科目をオンラインレッスンにて受講可能!(そろばん・プログラミング・英語・英会話・書道・硬筆・国語・算数・数学・理科・社会・) 当校では、13年前より県外や海外にお引越しなさられた生徒様から「お引越し先でも当校のレッスンを受けたい!」と大変有難いお言葉を頂戴したことから、通信教育を始めさせて頂きました。 テレビ電話等無い時代ですから、当時は、メールや国際電話を使って通信教育を行っておりました。 コロナウイルスにより、オンラインレッスンという言葉をよく耳にするようになりましたが、当校の現在のオンラインレッスンの始まりは、前述の通り生徒様からのお声がきっかけでスタートさせて頂きました。 13年前、アメリカにお引っ越しされる事が決まられた生徒様から、お引越先のアメリカのデトロイトでも「当校のレッスンを続けたい!」とのご希望を頂いた事が通信教育(現在のオンラインレッスン)をスタートさせて頂くきっかけとなりました。 6年程前よりネットが普及した為電話やメールでのレッスンをオンラインレッスン(Skype)へと移行させて頂きました。当初は、国外の生徒様とSkypeにてレッスンさせて頂いておりましたがコロナウイルスが発生し緊急事態が発令されたことにより、お教室での対面レッスンが不可能となり、福岡県内のお教室でもオンラインレッスンへと変更を致しまして、そろばん以外にも、プログラミング、英語、デッサン、その他全教科をオンラインで受講して頂けるようシステムを整えました。 通信教育から早13年。 現在では、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、フィンランド、東京、千葉、富山、茨城、埼玉、福岡県内にお住まいの生徒様方にレッスンを受けて頂いております。 【検定試験について】 当校主催検定試験もしくは商工会議所主催検定試験お選び頂けます。 そろばん検定試験は年に6回(偶数月)行っております! そろばん検定(かけ算・わり算・みとり算)は10級から行います 暗算検定(かけ算・わり算・みとり算)は6級から行います しかしまだ珠算6級のレベルでは、しっかりとそろばんの珠が頭にイメージ出来ない事が多い為、そろばんのイメージがしっかりつくまでそろばん検定を受けて頂き、イメージがついてあるかを定期的に確認し、イメージがつき合格のレベルに達せられてから、暗算検定を受けて頂きます! 6級レベルでも頭の中にしっかりと珠のイメージが出来ていれば、そろばん検定と暗算検定を一緒に受けて頂く事も出来ます。 【リトルスクールの珠算式暗算教育】 珠算式暗算とは、頭の中にそろばんの珠をイメージして、頭の中で珠を動かし計算することです。そしてその珠算式暗算の最大のメリットは瞬時に答えが出せることです。 この珠算式暗算を習得するにはそろばんを沢山入れ込むことが何よりも大切なのです。そろばんを未だしっかり入れ込んでいない時点で暗算をしてしまうと、珠が未だ頭の中に浮かびませんから筆算であったり機械的に計算をしていく方法になってしまいます。これでは時間がかかってしまい、そろばんを習っているからこそ得られる力を発揮できなくなってしまいます。ですから当校では瞬時に答えを出せるようになる珠算式暗算を習得する為にそろばんをしっかり入れ込むことを丁寧にご指導致しております。 この珠算式暗算の暗算科目は、そろばん科目と同様かけ算・わり算・みとり算となります。 当校では、暗算検定試験をペーパー式で行っております。ご存知でいらっしゃる通りパソコンやタブレットから発せられるブルーライトは目に悪影響を及ぼすと言われています。ブルーライトは目の疲れや、視野のゆがみ、視力低下等様々な悪い影響を目にもたらします。 今や、日常生活でブルーライトを浴びない日はほとんどありません。更には学校からもタブレットが支給されています。 このような生活環境の中で、紙に書くことができる作業をわざわざブルーライトを浴びながらする必要はないと考えます。そして実際に自分の手で書くと言う作業は、暗算に必要な記憶力を高めます。 このようなことから、当校では開校当初から行っているペーパー式検定試験を現在でも継続して行っております。また、暗算科目は、そろばん科目と同様にかけ算・わり算・みとり算となります。暗算のメリットは瞬時に答えが出ることですから特に、受験で、算数・数学の計算問題では時間を大幅に減らし、計算問題以外の文章問題や図形問題に時間を費やすことが出来るのです。 【プログラミング部門】 オンライン対応のプログラミングレッスン! そもそもプログラミングとは、、? プログラミングとは、人の思う「こうしたい!」という考えを機械に命令してその機械を動かすことを言います。 いま、何故プログラミング教育が必要なのか? 文部科学省は子供たちが「どう、よりよい人生をおくるか」を教育目的に掲げて新学習指導要領を施行し、小学校で必修化しましたが、大学入試共通テストでも検討されている為、今後、お子様にとってプログラミンは必須の能力となります。 プログラミングでは、お子様の集中力・粘り強さ・論理的思考力・問題解決力・創造力・表現力・プレゼンテーション力を身に付けることができます。 現在お通い頂いております生徒様方も、レッスン中、試行錯誤を繰り返しながら一生懸命ロボットやパソコンと向き合って沢山の作品を作って下さってあります。 お友達と、教え合えるので、コミュニケーション能力も身につきます! 当校のプログラミング教室では、オンライン、お教室どちらでもマンツーマンレッスンを行っております。 学校教材・教育玩具の製造・販売メーカーとして今年創立60周年を迎えた(株)アーテックの教材を使用しております。 アーテックは、プログラミングスクール教材調査で5冠を達成しております! ■保護者が通わせたいプログラミングスクール?1 ■我が子の成長を実感できるプログラミングスクール?1 ■学習に意欲的に取り組むようになったプログラミングスクール?1 ■学力が向上したプログラミングスクール?1 ■学校の先生がプログラミングスクール教材?1 ※ゼネラルリサーチ調べ アーテックの自考力キッズは3種類のカリキュラムを受講頂けます。 毎月、『パズル』と『ロボット』と『プログラミング』の3種類のカリキュラムに 取り組む2年間のコースです。 それぞれバラエティに富んだ内容のテキストをご準備しております。 無料体験も行っておりますので、是非、お問い合わせ下さいませ! 【デッサン部門】 デザインの基本は、デッサン。画力の向上はデッサンが一番と言われています。「もの」を見て正確に描くこと。デッサンはモノ同士の重なり方や交差する角度、奥行き、材質、陰影等を注意深く見極め、データとして把握する事が必要となってきます。その「もの」の形を正確に把握し、しっかりと観察していく事、そして鉛筆という細い芯で絵を書いていく為細かい作業を繰り返し行うこの作業で、集中力が身に付きます。更には何度も観察しながら描く事で「もの」の形を他者に正確に伝えられる力も身に付きます。そして、目の前のモチーフのどこを切り取り、画面にどのサイズで配置するかも同時に考えていくので空間認識能力も備わってきます。 上手な描き手程この観察の制度が高く精緻です。 更に当校では、モノクロの鉛筆画だけでなく色彩豊かな表現が出来るようになる、色鉛筆という身近な道具を使用するカラーデッサンを取り入れております。 色を入れることで色を使う楽しさ、色の強弱をモノクロよりわかりやすく学ぶことが出来ます。また、細かい作業になる為この鉛筆画もデッサンと同じく集中力が身に付きます。 では、何故このデッサンが必要なのでしょうか。 2015年に「日本の労働人口の49%が人口知能やロボット等で代替可能になる」という試算がオックスフォード大学と野村総研によって発表されたことはあまりにも有名です。 また、マッキンゼーの調査「未来の日本の働き方」によると、「2030年までに既存業務のうち27%が自動化され、結果1660万人の雇用が代替される可能性がある」と言われています。 ロボットやAIが人間にとって身近になっていく未来はそう遠くありません。 そこで、必要なスキルは、ロボットを作成するスキル。そして、そのロボットをデザインするデザイン力です。 つまり、これからの時代、ロボット、AI作成に必要なプログラミング力、更にデザイン力は必須となってくるのです。 また、当校では、パソコンでのデザインレッスンは行っておりません。と言いますのも、まずはパソコンから発せられるブルーライトが目に悪影響であること。今や、日常生活でブルーライトを浴びない日はほとんどありません。 そのような生活環境の中で、紙に描く事ができるデッサンやデザインをわざわざブルーライトを浴びる必要はないと考えるからです。そして実際に自分の手で描くことは、そろばんや書道・硬筆同様、自分の身体で覚えるので一度身に付くと一生忘れません。ですから、当校ではパソコンが必須ではない科目は自分の手で紙に書く(描く)ということを大切にしています。
福岡県福岡市西区女原北
このたび当スクールは、株式会社に改め 10月3日より株式会社リトルスクールとなります。 リトルスクールについて おかげ様を持ちまして当校は令和4年12月に25周年を迎えます。 これもひとえにお一人お一人の生徒様、保護者の方々の温かいご理解とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。 これからもお一人お一人に心の籠った丁寧な指導を心掛け講師一同精進して参ります。 当校は、一つの集会室のそろばん教室からスタート致しまして今年創業25周年を迎えさせて頂き、現在では、海外、国内で多数のお教室を運営させて頂いております。 当校は、全ての方々にきめ細やかなご指導ができるよう本校西新校では、10名程の講師を配属、その他の教室は生徒数に合わせた講師の人数を配属しております。 各教室でのお子様方のお教室でのご様子・進行状況・検定試験等のお話しを保護者の方々にお伝えし、三位一体となって進めて参ります。 また、保護者の方々からのご相談等もいつでも承っております。 お子様や保護者の方々のご希望に添うご指導をいつも心掛けております。 当校にしかできないお教室の魅力を一度ご覧ください。 当校は20年以上勤続の優しいベテラン女性講師が揃っておりますので、安心してお子さまをお預けください。 お父様、お母様方もお教室で、お子さまとご一緒にレッスンを受講なさるかたが増えております。 当校の魅力を体験して頂けるよう1日無料体験レッスンがございます。 お教室でも、オンラインでも行っております。 お気軽にお電話にて御予約ください。 〜リトルスクール講座について〜 □オンラインレッスンについて □そろばんについて □プログラミングについて ■オンラインレッスンについて■ 【リトルZOOMスクールの魅力】 ★オンライン(通信教育)レッスン10年以上の実績! ★幼児様でもレッスン受講可能! ★当校の研修をしっかり受けた講師多数所属! ★海外にお住いの方で時差がある場合(日本時間深夜)でも受講可能! ★オンラインレッスンにてご体験レッスンも受講可能! ★全科目をオンラインレッスンにて受講可能!(そろばん・プログラミング・英語・英会話・書道・硬筆・国語・算数・数学・理科・社会・) 当校では、13年前より県外や海外にお引越しなさられた生徒様から「お引越し先でも当校のレッスンを受けたい!」と大変有難いお言葉を頂戴したことから、通信教育を始めさせて頂きました。 テレビ電話等無い時代ですから、当時は、メールや国際電話を使って通信教育を行っておりました。 コロナウイルスにより、オンラインレッスンという言葉をよく耳にするようになりましたが、当校の現在のオンラインレッスンの始まりは、前述の通り生徒様からのお声がきっかけでスタートさせて頂きました。 13年前、アメリカにお引っ越しされる事が決まられた生徒様から、お引越先のアメリカのデトロイトでも「当校のレッスンを続けたい!」とのご希望を頂いた事が通信教育(現在のオンラインレッスン)をスタートさせて頂くきっかけとなりました。 6年程前よりネットが普及した為電話やメールでのレッスンをオンラインレッスン(Skype)へと移行させて頂きました。当初は、国外の生徒様とSkypeにてレッスンさせて頂いておりましたがコロナウイルスが発生し緊急事態が発令されたことにより、お教室での対面レッスンが不可能となり、福岡県内のお教室でもオンラインレッスンへと変更を致しまして、そろばん以外にも、プログラミング、英語、デッサン、その他全教科をオンラインで受講して頂けるようシステムを整えました。 通信教育から早13年。 現在では、アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、フィンランド、東京、千葉、富山、茨城、埼玉、福岡県内にお住まいの生徒様方にレッスンを受けて頂いております。 【検定試験について】 当校主催検定試験もしくは商工会議所主催検定試験お選び頂けます。 そろばん検定試験は年に6回(偶数月)行っております! そろばん検定(かけ算・わり算・みとり算)は10級から行います 暗算検定(かけ算・わり算・みとり算)は6級から行います しかしまだ珠算6級のレベルでは、しっかりとそろばんの珠が頭にイメージ出来ない事が多い為、そろばんのイメージがしっかりつくまでそろばん検定を受けて頂き、イメージがついてあるかを定期的に確認し、イメージがつき合格のレベルに達せられてから、暗算検定を受けて頂きます! 6級レベルでも頭の中にしっかりと珠のイメージが出来ていれば、そろばん検定と暗算検定を一緒に受けて頂く事も出来ます。 【リトルスクールの珠算式暗算教育】 珠算式暗算とは、頭の中にそろばんの珠をイメージして、頭の中で珠を動かし計算することです。そしてその珠算式暗算の最大のメリットは瞬時に答えが出せることです。 この珠算式暗算を習得するにはそろばんを沢山入れ込むことが何よりも大切なのです。そろばんを未だしっかり入れ込んでいない時点で暗算をしてしまうと、珠が未だ頭の中に浮かびませんから筆算であったり機械的に計算をしていく方法になってしまいます。これでは時間がかかってしまい、そろばんを習っているからこそ得られる力を発揮できなくなってしまいます。ですから当校では瞬時に答えを出せるようになる珠算式暗算を習得する為にそろばんをしっかり入れ込むことを丁寧にご指導致しております。 この珠算式暗算の暗算科目は、そろばん科目と同様かけ算・わり算・みとり算となります。 当校では、暗算検定試験をペーパー式で行っております。ご存知でいらっしゃる通りパソコンやタブレットから発せられるブルーライトは目に悪影響を及ぼすと言われています。ブルーライトは目の疲れや、視野のゆがみ、視力低下等様々な悪い影響を目にもたらします。 今や、日常生活でブルーライトを浴びない日はほとんどありません。更には学校からもタブレットが支給されています。 このような生活環境の中で、紙に書くことができる作業をわざわざブルーライトを浴びながらする必要はないと考えます。そして実際に自分の手で書くと言う作業は、暗算に必要な記憶力を高めます。 このようなことから、当校では開校当初から行っているペーパー式検定試験を現在でも継続して行っております。また、暗算科目は、そろばん科目と同様にかけ算・わり算・みとり算となります。暗算のメリットは瞬時に答えが出ることですから特に、受験で、算数・数学の計算問題では時間を大幅に減らし、計算問題以外の文章問題や図形問題に時間を費やすことが出来るのです。 【プログラミング部門】 オンライン対応のプログラミングレッスン! そもそもプログラミングとは、、? プログラミングとは、人の思う「こうしたい!」という考えを機械に命令してその機械を動かすことを言います。 いま、何故プログラミング教育が必要なのか? 文部科学省は子供たちが「どう、よりよい人生をおくるか」を教育目的に掲げて新学習指導要領を施行し、小学校で必修化しましたが、大学入試共通テストでも検討されている為、今後、お子様にとってプログラミンは必須の能力となります。 プログラミングでは、お子様の集中力・粘り強さ・論理的思考力・問題解決力・創造力・表現力・プレゼンテーション力を身に付けることができます。 現在お通い頂いております生徒様方も、レッスン中、試行錯誤を繰り返しながら一生懸命ロボットやパソコンと向き合って沢山の作品を作って下さってあります。 お友達と、教え合えるので、コミュニケーション能力も身につきます! 当校のプログラミング教室では、オンライン、お教室どちらでもマンツーマンレッスンを行っております。 学校教材・教育玩具の製造・販売メーカーとして今年創立60周年を迎えた(株)アーテックの教材を使用しております。 アーテックは、プログラミングスクール教材調査で5冠を達成しております! ■保護者が通わせたいプログラミングスクール?1 ■我が子の成長を実感できるプログラミングスクール?1 ■学習に意欲的に取り組むようになったプログラミングスクール?1 ■学力が向上したプログラミングスクール?1 ■学校の先生がプログラミングスクール教材?1 ※ゼネラルリサーチ調べ アーテックの自考力キッズは3種類のカリキュラムを受講頂けます。 毎月、『パズル』と『ロボット』と『プログラミング』の3種類のカリキュラムに 取り組む2年間のコースです。 それぞれバラエティに富んだ内容のテキストをご準備しております。 無料体験も行っておりますので、是非、お問い合わせ下さいませ! 【デッサン部門】 デザインの基本は、デッサン。画力の向上はデッサンが一番と言われています。「もの」を見て正確に描くこと。デッサンはモノ同士の重なり方や交差する角度、奥行き、材質、陰影等を注意深く見極め、データとして把握する事が必要となってきます。その「もの」の形を正確に把握し、しっかりと観察していく事、そして鉛筆という細い芯で絵を書いていく為細かい作業を繰り返し行うこの作業で、集中力が身に付きます。更には何度も観察しながら描く事で「もの」の形を他者に正確に伝えられる力も身に付きます。そして、目の前のモチーフのどこを切り取り、画面にどのサイズで配置するかも同時に考えていくので空間認識能力も備わってきます。 上手な描き手程この観察の制度が高く精緻です。 更に当校では、モノクロの鉛筆画だけでなく色彩豊かな表現が出来るようになる、色鉛筆という身近な道具を使用するカラーデッサンを取り入れております。 色を入れることで色を使う楽しさ、色の強弱をモノクロよりわかりやすく学ぶことが出来ます。また、細かい作業になる為この鉛筆画もデッサンと同じく集中力が身に付きます。 では、何故このデッサンが必要なのでしょうか。 2015年に「日本の労働人口の49%が人口知能やロボット等で代替可能になる」という試算がオックスフォード大学と野村総研によって発表されたことはあまりにも有名です。 また、マッキンゼーの調査「未来の日本の働き方」によると、「2030年までに既存業務のうち27%が自動化され、結果1660万人の雇用が代替される可能性がある」と言われています。 ロボットやAIが人間にとって身近になっていく未来はそう遠くありません。 そこで、必要なスキルは、ロボットを作成するスキル。そして、そのロボットをデザインするデザイン力です。 つまり、これからの時代、ロボット、AI作成に必要なプログラミング力、更にデザイン力は必須となってくるのです。 また、当校では、パソコンでのデザインレッスンは行っておりません。と言いますのも、まずはパソコンから発せられるブルーライトが目に悪影響であること。今や、日常生活でブルーライトを浴びない日はほとんどありません。 そのような生活環境の中で、紙に描く事ができるデッサンやデザインをわざわざブルーライトを浴びる必要はないと考えるからです。そして実際に自分の手で描くことは、そろばんや書道・硬筆同様、自分の身体で覚えるので一度身に付くと一生忘れません。ですから、当校ではパソコンが必須ではない科目は自分の手で紙に書く(描く)ということを大切にしています。
福岡県福岡市西区女原北

リトルそろばん教室 別府校

福岡県福岡市城南区別府六ヶ町会館内
福岡県福岡市城南区別府六ヶ町会館内

リトルそろばん教室 東那珂校

福岡県福岡市博多区東那珂
福岡県福岡市博多区東那珂

リトルそろばん教室 松島校

福岡県福岡市東区松島
福岡県福岡市東区松島

リトルそろばん教室 下和白校

福岡県福岡市東区和白丘
福岡県福岡市東区和白丘

リトルそろばん教室 香椎浜校

福岡県福岡市東区香椎浜
福岡県福岡市東区香椎浜

テリオス(陸上)テリオス赤坂スクール

福岡県
体操
福岡県
体操
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
福岡県福岡市中央区赤坂2丁目5−20 赤坂小学校
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
福岡県福岡市中央区赤坂2丁目5−20 赤坂小学校

テリオス(陸上)小郡キッズ

福岡県小郡市大保444 小郡運動公園 多目的広場
福岡県小郡市大保444 小郡運動公園 多目的広場

テリオス(陸上)小郡

福岡県小郡市大保444 小郡運動公園 多目的広場
福岡県小郡市大保444 小郡運動公園 多目的広場

テリオス(陸上)照葉キッズ

福岡県福岡市東区香椎照葉2丁目2−1 照葉小学校
福岡県福岡市東区香椎照葉2丁目2−1 照葉小学校

テリオス(陸上)松島キッズ

福岡県福岡市東区原田4−33 箱崎公園
福岡県福岡市東区原田4−33 箱崎公園

テリオス(陸上)照葉(月)キッズ

福岡県福岡市東区香椎照葉6丁目1?1 福岡市総合体育館
福岡県福岡市東区香椎照葉6丁目1?1 福岡市総合体育館

ポルテ(野球)曽根キッズ(北九州SB)

福岡県
野球
福岡県
野球
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
福岡県北九州市小倉南区曽根東3丁目4 曽根公園
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
福岡県北九州市小倉南区曽根東3丁目4 曽根公園

ポルテ(野球)うきはSHスクール

福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場
福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場

ポルテ(野球) うきはSHスクール

福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場
福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場

ポルテ(野球)曽根キッズ(北九州SB)

福岡県北九州市小倉南区曽根東3丁目4 曽根公園
福岡県北九州市小倉南区曽根東3丁目4 曽根公園

ポルテ(野球)うきはSHキッズ

福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場
福岡県うきは市吉井町千年1166 うきは市スポーツアイランドソフトボール場

ポルテ(野球)和白

福岡県福岡市東区塩浜1丁目1-6-1 和白小学校
福岡県福岡市東区塩浜1丁目1-6-1 和白小学校

ハーツ(バスケ)広川

福岡県
武芸その他
福岡県
武芸その他
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
福岡県八女郡広川町新代1705 中広川小学校 体育館
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
福岡県八女郡広川町新代1705 中広川小学校 体育館

ハーツ(バスケ)南キッズ

福岡県久留米市南2丁目16‐1 久留米市立南小学校
福岡県久留米市南2丁目16‐1 久留米市立南小学校

ハーツ(バスケ)南

福岡県久留米市南2丁目16‐1 久留米市立南小学校
福岡県久留米市南2丁目16‐1 久留米市立南小学校

ハーツ(バスケ)門司

福岡県北九州市門司区高田1丁目20-1 門司体育館
福岡県北九州市門司区高田1丁目20-1 門司体育館

ハーツ(バスケ)門司(北九州BBS)

福岡県北九州市門司区高田1丁目20?1 門司体育館
福岡県北九州市門司区高田1丁目20?1 門司体育館

ハーツ(バスケ)苅田(北九州BBS)

福岡県京都郡苅田町与原3丁目7?5 与原小学校
福岡県京都郡苅田町与原3丁目7?5 与原小学校