宮城県
エリア 1
習い事
検索条件に合致する教室:244件だわ〜

宮城県仙台市太白区の、習い事検索結果

ポルテ(野球) 富沢(宮城第二SB)

宮城県
野球
宮城県
野球
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場

ポルテ(野球)富沢(宮城第二SB)

宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場
宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場

ポルテ(野球)富沢キッズ(宮城第二SB)

宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場
宮城県仙台市太白区富田字京南の50 富田緑地運動広場

ポルテ(野球)中田中央キッズ

宮城県仙台市太白区東中田5-13 中田中央公園
宮城県仙台市太白区東中田5-13 中田中央公園

ポルテ(野球)ポルテ楽天中田校

宮城県仙台市太白区東中田5-13 中田中央公園
宮城県仙台市太白区東中田5-13 中田中央公園

ベースボールスクール ポルテ 中田中央(宮城第二SB)

宮城県仙台市太白区東中田5-13中田中央公園
宮城県仙台市太白区東中田5-13中田中央公園

ハーツ(バスケ) 上野山

宮城県
武芸その他
宮城県
武芸その他
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
宮城県仙台市太白区上野山1-20-1 上野山小学校体育館
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
宮城県仙台市太白区上野山1-20-1 上野山小学校体育館

ハーツ(バスケ) 富沢

宮城県仙台市太白区富沢1ー4ー1 カメイアリーナ
宮城県仙台市太白区富沢1ー4ー1 カメイアリーナ

ハーツ(バスケ)上野山キッズ

宮城県仙台市太白区上野山1-20-1
宮城県仙台市太白区上野山1-20-1

ハーツ(バスケ)八木山南

宮城県仙台市太白区鈎取3-13-1 八木山南コミュニティセンター
宮城県仙台市太白区鈎取3-13-1 八木山南コミュニティセンター

ハーツ(バスケ)八木山南キッズ

宮城県仙台市太白区鈎取3-13-1 八木山南コミュニティセンター
宮城県仙台市太白区鈎取3-13-1 八木山南コミュニティセンター

ハーツ(バスケ)富沢

宮城県仙台市太白区富沢1ー4ー1 カメイアリーナ
宮城県仙台市太白区富沢1ー4ー1 カメイアリーナ

JJMIX JJMIX長町スクール

宮城県
体操
宮城県
体操
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 『多種目スポーツスクールJJMIX(ジェイジェイミックス)ご挨拶』 私たちJJMIXスポーツスクールは、サッカーや野球、バスケなどの運動要素を取り入れた多種目スポーツスクールとなっております。 「子供たちの可能性を広げてみませんか?」 私たちは一人一人に適したレベルから指導致します。 また、スポーツを通して、「大きな声であいさつができる」「仲間と助け合う」「自分の事は自分でやる」といった人間としての土台作りも指導致します。 そして、指導員は全員「プロ」です。指導研修や教育研修など全てをクリアした指導員のみが子供たちの指導を行います。私たちにお任せください。 子供たちの可能性は無限大です。 ※多種目スポーツスクールJJMIXとは? 多種目スポーツスクールJJMIX「3つの特徴」 1)スクールについて 子供達にスポーツの本当の楽しさを知ってもらい、「楽しむ事で好きになる」好循環を生み出します。 2)先生について 個性を大切にし、その子にあった成長のためのサポートを全力で行い、一人ひとりに合わせた個別指導プログラムを行います。 3)安全対策について お預かりした大切なお子様の安全を何よりも最優先に考え、スクールを通じて全ての活動を責任を持って行います。 多種目スポーツスクールJJMIXでできること 1)ボールを蹴る 2)ボールと飛ぶ 3)走る 4)ボールを打つ 5)ボールを投げる 6)体を鍛える 【多種目スポーツスクールJJMIXの5つの考え方】 1)子供の可能性は無限大∞ お子様の無限の可能性を一緒に広げていきませんか? 2)楽しくなければ続かない!! 遊びの中から楽しくスポーツの基礎を学びます♪ 3)スポーツだけではありません!! 元気な挨拶・礼儀・協調性・自立心などもスポーツを通して育てていきます! 4)「まだ早い」はもう古い!! いろんな事がまっさらな「イマ」こそがチャンスです!! 5)やみくもに動くだけでは育たない!! 研修を重ねた技術力・指導力抜群のプロの指導員が指導します★ ※多種目スポーツスクールJJMIXの教育 1)いま、運動を始めることが大切です!! 2歳〜6歳の間は、子供の運動の基礎を身につける大切な時期です。エネルギー溢れるこの時期に、遊びの中から、走る・跳ぶ・蹴る・投げるなど体を動かすことの楽しさを教え、運動の基礎を身につけていくことが重要です。 2)全国で700名以上が活動中!!(※平成28年6月) 多種目スポーツスクールJJMIXは、子供たちが継続的なスポーツ活動を行うために活動を行っています。また、環境保全活動として公園美化活動、植樹運動を積極的に行っており、地域により密着したスクールとして地域社会への貢献を果たしてまいります。今後もJJMIXは、子供に生きる力を与えるため、より一層の活動を行っていきます。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。
宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県第二総合運動場遠的弓道場
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 『多種目スポーツスクールJJMIX(ジェイジェイミックス)ご挨拶』 私たちJJMIXスポーツスクールは、サッカーや野球、バスケなどの運動要素を取り入れた多種目スポーツスクールとなっております。 「子供たちの可能性を広げてみませんか?」 私たちは一人一人に適したレベルから指導致します。 また、スポーツを通して、「大きな声であいさつができる」「仲間と助け合う」「自分の事は自分でやる」といった人間としての土台作りも指導致します。 そして、指導員は全員「プロ」です。指導研修や教育研修など全てをクリアした指導員のみが子供たちの指導を行います。私たちにお任せください。 子供たちの可能性は無限大です。 ※多種目スポーツスクールJJMIXとは? 多種目スポーツスクールJJMIX「3つの特徴」 1)スクールについて 子供達にスポーツの本当の楽しさを知ってもらい、「楽しむ事で好きになる」好循環を生み出します。 2)先生について 個性を大切にし、その子にあった成長のためのサポートを全力で行い、一人ひとりに合わせた個別指導プログラムを行います。 3)安全対策について お預かりした大切なお子様の安全を何よりも最優先に考え、スクールを通じて全ての活動を責任を持って行います。 多種目スポーツスクールJJMIXでできること 1)ボールを蹴る 2)ボールと飛ぶ 3)走る 4)ボールを打つ 5)ボールを投げる 6)体を鍛える 【多種目スポーツスクールJJMIXの5つの考え方】 1)子供の可能性は無限大∞ お子様の無限の可能性を一緒に広げていきませんか? 2)楽しくなければ続かない!! 遊びの中から楽しくスポーツの基礎を学びます♪ 3)スポーツだけではありません!! 元気な挨拶・礼儀・協調性・自立心などもスポーツを通して育てていきます! 4)「まだ早い」はもう古い!! いろんな事がまっさらな「イマ」こそがチャンスです!! 5)やみくもに動くだけでは育たない!! 研修を重ねた技術力・指導力抜群のプロの指導員が指導します★ ※多種目スポーツスクールJJMIXの教育 1)いま、運動を始めることが大切です!! 2歳〜6歳の間は、子供の運動の基礎を身につける大切な時期です。エネルギー溢れるこの時期に、遊びの中から、走る・跳ぶ・蹴る・投げるなど体を動かすことの楽しさを教え、運動の基礎を身につけていくことが重要です。 2)全国で700名以上が活動中!!(※平成28年6月) 多種目スポーツスクールJJMIXは、子供たちが継続的なスポーツ活動を行うために活動を行っています。また、環境保全活動として公園美化活動、植樹運動を積極的に行っており、地域により密着したスクールとして地域社会への貢献を果たしてまいります。今後もJJMIXは、子供に生きる力を与えるため、より一層の活動を行っていきます。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。
宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県第二総合運動場遠的弓道場

JJMIX八本松

宮城県仙台市太白区八本松2−1 八本松公園
宮城県仙台市太白区八本松2−1 八本松公園

JJMIX大野田スクール(月)

宮城県仙台市太白区大野田宮脇23-4 大野田コミュニティセンター
宮城県仙台市太白区大野田宮脇23-4 大野田コミュニティセンター

JJMIX大野田スクール(土)

宮城県仙台市太白区大野田宮脇23-4 大野田コミュニティセンター多目的ホール
宮城県仙台市太白区大野田宮脇23-4 大野田コミュニティセンター多目的ホール

JJMIXJJMIX長町スクール

宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県第二総合運動場遠的弓道場
宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県第二総合運動場遠的弓道場

テリオス(陸上)大野田キッズスクール

宮城県
体操
宮城県
体操
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
宮城県仙台市太白区大野田5丁目1-1 大野田千刈田公園
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
宮城県仙台市太白区大野田5丁目1-1 大野田千刈田公園

テリオス(陸上)大野田スクール

宮城県仙台市太白区大野田5丁目1-1 大野田千刈田公園
宮城県仙台市太白区大野田5丁目1-1 大野田千刈田公園

テリオス(陸上)長町 キッズ

宮城県仙台市太白区根岸町15 宮城県武道館 3階 剣道場
宮城県仙台市太白区根岸町15 宮城県武道館 3階 剣道場

テリオス(陸上)長町

宮城県仙台市太白区根岸町15 宮城県武道館 3階 剣道場
宮城県仙台市太白区根岸町15 宮城県武道館 3階 剣道場

リベルタ横森キッズ

宮城県
サッカー
宮城県
サッカー
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※全ての子供たちが持っている『無限の成長の可能性』 『子供の可能性は無限大』。ありきたりな言葉ではありますが、子供たちの成長する姿を現場で見ていると、私たちには実感としてヒシヒシと伝わってきます。無限の成長の可能性を、全ての子供たちが間違いなくもっていると、確信しております。 子供は、さまざまな経験をつむことで成長していきます。しかし、一人だけでは『心の成長』は不可能です。子供は子供の中でしか育ちません。いろいろな性格・年齢・性別の子供たちと、幼少期から交わることが、『心の成長』のためには必要なのです。その場面を私たちはスポーツを通して提供しております。 ※私たちが考える「自由」の定義 『LIBERTA』とはイタリア語で「自由」を意味します。しかし、【自由=何をしてもいい】ではありません。真の自由とは、周りの人たちと協調でき、周りの人たちから理解を得られ、周りの人たちに認められて、はじめて手に入れることができるものなのです。それはサッカーのゴールに至る過程と同じです。サッカーは1人ではプレーできません。自由気ままにプレーしていては、決してゴールをきめることはできません。ゴールするには自分の身を挺して、仲間にパスを送ることも必要です。仲間からの信頼を得て、パスをもらうことも必要です。相手に立ち向かう勇気を試されることもあります―。 その結果が素晴しい“自由なゴール”につながるのです。 ※サッカーを通して身につく、社会生活に必要な基礎力 私たちはサッカーという素晴らしいスポーツを通して、子供たちに「あいさつがしっかりできる」「時間を守ることができる」「約束を守ることができる」「リーダーシップを身に付けることができる」「人の気持ち(痛み)がわかる」「感謝の気持ちをもつことができる」「自分より弱いものをいたわることができる」など、社会生活に必要な基礎力を身につけさせます。目の前の障害から逃げずに、勇気をもって立ち向かっていける子供たちを育てます。未来に輝く子供たちのために、これからも私たちは全力で取り組んでまいります。 「子供たちの心に体力を!」 私たちリベルタサッカースクールにお任せください。 ※リベルタサッカースクールの教育 1)サッカーを通して、子供の心身を育てる リベルタは、サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子供たちの心に体力を 私たちは“サッカー技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄・姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リベルタサッカースクール6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る ※『未来に輝く子供たちのために』 『サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたい!一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい!と夢を持って活動をしているのがリベルタサッカースクールです。未来を担う子供たちのために、私たち大人が、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 私たちは“サッカーの技術向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。 成長期の子供たちは、ぐんぐん背が伸び、たくさんの知識を身に付け、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かります。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化する社会で生きていくために必要な『心の体力』=『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、全ての子供たちが本来持っている力を引き出していくのです。 また、子供たち自身にも『より良い社会』に感心を持ってもらえるよう、様々な社会貢献活動を行っています。
宮城県仙台市太白区三神峯2−12−11 横森ひかり公園
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※全ての子供たちが持っている『無限の成長の可能性』 『子供の可能性は無限大』。ありきたりな言葉ではありますが、子供たちの成長する姿を現場で見ていると、私たちには実感としてヒシヒシと伝わってきます。無限の成長の可能性を、全ての子供たちが間違いなくもっていると、確信しております。 子供は、さまざまな経験をつむことで成長していきます。しかし、一人だけでは『心の成長』は不可能です。子供は子供の中でしか育ちません。いろいろな性格・年齢・性別の子供たちと、幼少期から交わることが、『心の成長』のためには必要なのです。その場面を私たちはスポーツを通して提供しております。 ※私たちが考える「自由」の定義 『LIBERTA』とはイタリア語で「自由」を意味します。しかし、【自由=何をしてもいい】ではありません。真の自由とは、周りの人たちと協調でき、周りの人たちから理解を得られ、周りの人たちに認められて、はじめて手に入れることができるものなのです。それはサッカーのゴールに至る過程と同じです。サッカーは1人ではプレーできません。自由気ままにプレーしていては、決してゴールをきめることはできません。ゴールするには自分の身を挺して、仲間にパスを送ることも必要です。仲間からの信頼を得て、パスをもらうことも必要です。相手に立ち向かう勇気を試されることもあります―。 その結果が素晴しい“自由なゴール”につながるのです。 ※サッカーを通して身につく、社会生活に必要な基礎力 私たちはサッカーという素晴らしいスポーツを通して、子供たちに「あいさつがしっかりできる」「時間を守ることができる」「約束を守ることができる」「リーダーシップを身に付けることができる」「人の気持ち(痛み)がわかる」「感謝の気持ちをもつことができる」「自分より弱いものをいたわることができる」など、社会生活に必要な基礎力を身につけさせます。目の前の障害から逃げずに、勇気をもって立ち向かっていける子供たちを育てます。未来に輝く子供たちのために、これからも私たちは全力で取り組んでまいります。 「子供たちの心に体力を!」 私たちリベルタサッカースクールにお任せください。 ※リベルタサッカースクールの教育 1)サッカーを通して、子供の心身を育てる リベルタは、サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子供たちの心に体力を 私たちは“サッカー技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄・姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リベルタサッカースクール6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る ※『未来に輝く子供たちのために』 『サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたい!一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい!と夢を持って活動をしているのがリベルタサッカースクールです。未来を担う子供たちのために、私たち大人が、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 私たちは“サッカーの技術向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。 成長期の子供たちは、ぐんぐん背が伸び、たくさんの知識を身に付け、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かります。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化する社会で生きていくために必要な『心の体力』=『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、全ての子供たちが本来持っている力を引き出していくのです。 また、子供たち自身にも『より良い社会』に感心を持ってもらえるよう、様々な社会貢献活動を行っています。
宮城県仙台市太白区三神峯2−12−11 横森ひかり公園

リベルタ横森

宮城県仙台市太白区三神峯2−12−11 横森ひかり公園
宮城県仙台市太白区三神峯2−12−11 横森ひかり公園

リベルタ長町南(木)

宮城県仙台市太白区長町7丁目23-1 長町南小学校
宮城県仙台市太白区長町7丁目23-1 長町南小学校

リベルタ長町南(木)キッズ

宮城県仙台市太白区長町7丁目23-1 長町南小学校
宮城県仙台市太白区長町7丁目23-1 長町南小学校

リベルタ 長町南キッズ(二部目)(宮城第一SS)

宮城県仙台市太白区長町7丁目23番1号長町南小学校
宮城県仙台市太白区長町7丁目23番1号長町南小学校

リベルタ 長町南(二部目)(宮城第一SS)

宮城県仙台市太白区長町7丁目23番1号長町南小学校
宮城県仙台市太白区長町7丁目23番1号長町南小学校

クオレ(空手)長町

宮城県
空手
宮城県
空手
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※体力不足の子供達の『体の成長』と『心の成長』を 私達は、空手を通じて、体力不足の子供達の“体の成長”と、しっかりとした一人前の大人になる為の“心の成長”を最重要と考え、活動を行っております。 子供達の体力不足が叫ばれて久しい中、ゲームやパソコンの普及により、家の中に閉じこもり、テレビ画面と睨めっこをする子が急増しています。周りとの関わりが非常に薄くなり、自分一人の世界観の中、リセットボタン一つで全てやり直せてしまうのがゲームです。しかし、子供達がこれから先進んでいく人生には、リセットボタンなどありません。失敗した時、道に迷った時にその壁を乗り越えられなければ先には進めません。 お子様に次のような場面が思い当たることはないでしょうか? 落ち着きがない、転んだ時にとっさに手を付けない、飽きっぽい、目を見て挨拶が出来ない、コミュニケーションの取り方が分からない、自分の言いたい事が上手く言葉で表現出来ない、姿勢が悪い、大きな声で返事が出来ない…。これらは、運動能力やコミュニケーション能力の低下が大きな原因だと言われています。 ※心の柔軟な時期に沢山の体験を 子供達の精神的成長が一番進むのは3歳から10歳までです。この時期にどれだけ沢山の体験をさせてあげる事が出来るかが、その子にとっての一生を左右する程の大事な期間です。この最も吸収力が高く、心の柔軟な時期に沢山の事を体験させてあげたいと考えています。 私達は、空手を通じて体を動かす楽しさを知ってほしい、努力する大切さを身に付けてほしい、親への感謝の気持ちを持ち続けてほしい、友達を大事にしてほしい、いずれぶつかるであろう壁を乗り越えられるような大人になってほしい。私達は、本気でそう考えております。 ※空手を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 空手は全身運動です。道具も要らず、畳一畳の広さがあれば稽古が出来ます。左右均等に稽古を行う事で、体のバランスが良くなります。姿勢が良くなり、大きな声を出す事でストレスの解消に繋がります。人の痛みが分かり、心の優しい、強い子になります。また、現在急増している、子供による凶悪な犯罪に対しても、子供達が間違った道に進まぬよう、指導するのも私達大人の使命だと思っております。 良い事は思いっきり褒める、間違った事をしたらしっかりと叱る。ご近所付き合いが今よりもっともっと盛んだったころは、自然に地域や環境が私達を教育し、見守ってくれていました。 クオレは、子供達の為に出来る事を本気で考え、接していきます。子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供たちのココロに体力を。』 私達、リズミックカラテクオレにお任せください。 ※リズミックカラテクオレとは? クオレの由来 「Cuore」イタリア語で「心」を意味します。クオレを通じて、心も体も強くしようという想いを込めました。 ※リズミックカラテクオレの教育 1)空手を通して、子供の心身を育てる クオレは、空手というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“空手技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リズミックカラテクオレ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 今までの空手は、「怖い」「痛い」というイメージが強く、子供たちにとってなかなか取り組みにくいスポーツでしたが、クオレでは、空手の基本である「突き」「蹴り」はもちろん、いろいろな技を音楽に合わせ、全身運動としての空手を楽しく学んでもらいます。 クオレは“空手技術の向上”だけではなく、“心の成長”も重視しております。 この時期の子供たちは驚くべき速さで成長していきます。 しかし、肉体的成長に『心の成長』が追いついていない子供たちがたくさん見受けられるのも事実です。 最も精神的成長が著しい時期は、3歳から10歳まで。 『心の成長』が肉体的成長に追いつき、追い越すように、また、この激動する社会を強く生き抜いていくことができるように、クオレは全力でサポーいたします!クオレはリズミックカラテを通じて、子供たちの心と体を強くたくましく成長させていきます。 子供たちが目の前の生涯から逃げずに、真正面から解決する力をつけると同時に、他人を思いやる気持ちや、両親への感謝の気持ちなど、心の成長も促していきます。 一人ひとりの体力・能力に合わせて、無理なく笑顔で空手に取り組めるように、プロの指導員が褒める指導で、子供たちの心身の成長を第一に多種多様なカリキュラムをご用意し指導に当たっております。
宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県武道館
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※体力不足の子供達の『体の成長』と『心の成長』を 私達は、空手を通じて、体力不足の子供達の“体の成長”と、しっかりとした一人前の大人になる為の“心の成長”を最重要と考え、活動を行っております。 子供達の体力不足が叫ばれて久しい中、ゲームやパソコンの普及により、家の中に閉じこもり、テレビ画面と睨めっこをする子が急増しています。周りとの関わりが非常に薄くなり、自分一人の世界観の中、リセットボタン一つで全てやり直せてしまうのがゲームです。しかし、子供達がこれから先進んでいく人生には、リセットボタンなどありません。失敗した時、道に迷った時にその壁を乗り越えられなければ先には進めません。 お子様に次のような場面が思い当たることはないでしょうか? 落ち着きがない、転んだ時にとっさに手を付けない、飽きっぽい、目を見て挨拶が出来ない、コミュニケーションの取り方が分からない、自分の言いたい事が上手く言葉で表現出来ない、姿勢が悪い、大きな声で返事が出来ない…。これらは、運動能力やコミュニケーション能力の低下が大きな原因だと言われています。 ※心の柔軟な時期に沢山の体験を 子供達の精神的成長が一番進むのは3歳から10歳までです。この時期にどれだけ沢山の体験をさせてあげる事が出来るかが、その子にとっての一生を左右する程の大事な期間です。この最も吸収力が高く、心の柔軟な時期に沢山の事を体験させてあげたいと考えています。 私達は、空手を通じて体を動かす楽しさを知ってほしい、努力する大切さを身に付けてほしい、親への感謝の気持ちを持ち続けてほしい、友達を大事にしてほしい、いずれぶつかるであろう壁を乗り越えられるような大人になってほしい。私達は、本気でそう考えております。 ※空手を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 空手は全身運動です。道具も要らず、畳一畳の広さがあれば稽古が出来ます。左右均等に稽古を行う事で、体のバランスが良くなります。姿勢が良くなり、大きな声を出す事でストレスの解消に繋がります。人の痛みが分かり、心の優しい、強い子になります。また、現在急増している、子供による凶悪な犯罪に対しても、子供達が間違った道に進まぬよう、指導するのも私達大人の使命だと思っております。 良い事は思いっきり褒める、間違った事をしたらしっかりと叱る。ご近所付き合いが今よりもっともっと盛んだったころは、自然に地域や環境が私達を教育し、見守ってくれていました。 クオレは、子供達の為に出来る事を本気で考え、接していきます。子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供たちのココロに体力を。』 私達、リズミックカラテクオレにお任せください。 ※リズミックカラテクオレとは? クオレの由来 「Cuore」イタリア語で「心」を意味します。クオレを通じて、心も体も強くしようという想いを込めました。 ※リズミックカラテクオレの教育 1)空手を通して、子供の心身を育てる クオレは、空手というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“空手技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リズミックカラテクオレ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 今までの空手は、「怖い」「痛い」というイメージが強く、子供たちにとってなかなか取り組みにくいスポーツでしたが、クオレでは、空手の基本である「突き」「蹴り」はもちろん、いろいろな技を音楽に合わせ、全身運動としての空手を楽しく学んでもらいます。 クオレは“空手技術の向上”だけではなく、“心の成長”も重視しております。 この時期の子供たちは驚くべき速さで成長していきます。 しかし、肉体的成長に『心の成長』が追いついていない子供たちがたくさん見受けられるのも事実です。 最も精神的成長が著しい時期は、3歳から10歳まで。 『心の成長』が肉体的成長に追いつき、追い越すように、また、この激動する社会を強く生き抜いていくことができるように、クオレは全力でサポーいたします!クオレはリズミックカラテを通じて、子供たちの心と体を強くたくましく成長させていきます。 子供たちが目の前の生涯から逃げずに、真正面から解決する力をつけると同時に、他人を思いやる気持ちや、両親への感謝の気持ちなど、心の成長も促していきます。 一人ひとりの体力・能力に合わせて、無理なく笑顔で空手に取り組めるように、プロの指導員が褒める指導で、子供たちの心身の成長を第一に多種多様なカリキュラムをご用意し指導に当たっております。
宮城県仙台市太白区根岸町15-1 宮城県武道館

コープアフタースクール太子堂校

宮城県
学童保育
宮城県
学童保育
宮城県仙台市太白区諏訪町13?45
宮城県仙台市太白区諏訪町13?45

仙台長町ラグビークラブ(SRC.Jr)

宮城県
ラグビー
宮城県
ラグビー
宮城県仙台市太白区長町4丁目6?1 長町小学校校庭 他
宮城県仙台市太白区長町4丁目6?1 長町小学校校庭 他

7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

宮城県
英会話
宮城県
英会話
宮城県仙台市太白区
宮城県仙台市太白区

p.school オンラインでプログラミングを学ぶ

宮城県
プログラミング教室
宮城県
プログラミング教室
宮城県仙台市太白区
宮城県仙台市太白区
1
2
3
4
5
6
>>
表示1〜10件 / 総数:244教室

宮城県仙台市太白区の特徴

宮城県仙台市太白区は、仙台市の南西部に位置し、住宅地と自然環境が調和する地域です。社会・文化的には、歴史的な名所や公園が多く、家族連れに人気のあるエリアです。太白区の人口は約22万人で、子育て世代から高齢者まで幅広い年齢層が居住しています。 教育面では、仙台市立西多賀中学校や宮城県立仙台西高等学校などがあり、教育環境が整っています。また、仙台市立大学が位置し、多くの学生が地域の活力を支えています。土地の特徴としては、青葉山や太白山などの山々に囲まれ、緑豊かな環境が広がっています。特に、太白山はハイキングや自然観察に最適な場所として知られています。 太白区は、都市の利便性と自然の豊かさを兼ね備えた地域で、住みやすさが際立っています。また、歴史的な観光地も多く、地域の文化的魅力が豊かです。

宮城県仙台市太白区の
スポーツ・芸能・スポット特集

宮城県仙台市太白区は、スポーツや芸術の分野で多くの著名人や人気スポットがあります。まず、スポーツでは、仙台育英学園高等学校のサッカー部が強豪として知られ、多くのプロ選手を輩出しています。また、太白区内にはスポーツ施設が充実しており、地域住民がスポーツを楽しむ環境が整っています。 芸術分野では、ピアニストの内田光子や書家の佐藤方哉が太白区出身です。彼らの作品や活動は全国的に高く評価されており、地域の文化的な誇りとなっています。 遊びスポットとしては、八木山動物公園が特に人気です。この動物公園は、さまざまな動物が飼育されており、家族連れや観光客に愛されています。また、八木山ベニーランドという遊園地もあり、四季を通じて楽しむことができます。さらに、青葉山公園や太白山自然公園は、自然散策やアウトドア活動に最適な場所で、地域の人々に親しまれています。太白区は、スポーツと芸術、自然が調和した魅力的な地域です。
宮城県
都道府県を選択してください
宮城県
市区町村を選択してください
  • 382件
  • 216件
  • 139件
  • 272件
  • 295件
  • 95件
  • 45件
  • 30件
  • 37件
  • 80件
  • 32件
  • 69件
  • 62件
  • 52件
  • 33件
  • 34件
  • 114件
  • 92件
  • 19件
  • 13件
  • 29件
  • 17件
  • 33件
  • 18件
  • 14件
  • 26件
  • 13件
  • 20件
  • 17件
  • 51件
  • 46件
  • 13件
  • 12件
  • 11件
  • 24件
  • 17件
  • 21件
  • 9件
  • 14件
トップへ