大阪府
エリア
習い事
検索条件に合致する教室:6,765件だわ〜

大阪府の、習い事検索結果

ハーツ(バスケ)リノアス八尾

大阪府
武芸その他
大阪府
武芸その他
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
大阪府八尾市光町2−60 リノアス八尾 八尾フットサルガーデングリーングリーン
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【子どもたちの『総合人間力』】 私達ハーツは、基礎技術向上はもちろん、お子様の「心」の成長につながる指導を心がけております。 「バスケットボール」という教材の中で、あいさつ、礼儀、マナー、自主性、協調性、洞察力、先見性、コミュニケーション能力など、お子様が大人になるまでに身に付けるべき「総合人間力」を指導しております。 【指導員は全員が『プロ指導者』】 指導員は全員が「プロ指導者」です。長い研修期間により、各年代の特徴に即した指導や、救急処置法、バスケットボールの専門的指導プログラムを有しております。 私自身、小学生の頃にバスケットボールで当時の指導者から暴力を受けたことがあります。 しかし、暴力などの圧力で子供をコントロールすることは、本来のスポーツ指導にあってはならないことです。目標をお子様と共有し、信頼関係があれば、「ほめる」ことでお子様を導くことは必ずできます。 【バスケットボールを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 全てのお子様に、バスケットボールを通して、「人として明るく元気にたくましく育ってほしい」という想いを指導員一同で持ち続けながら、共に成長していきたいと思います。 今日も体育館に響き渡る「こんにちは!」で、お子様と元気にバスケットボールを楽しんでまいります! 『子供達のココロに体力を。』私達、バスケットボールスクールハーツにお任せください。 ※バスケットボールスクールハーツとは? ハーツの由来 「Heartz(ハーツ)」とはハート、こころを意味します。チームスポーツで協調性を育み、子供たちの体とこころの成長を願い、その想いを込めました。 ※バスケットボールスクールハーツの教育 1)バスケットボールを通して、子供の心身を育てる ハーツは、バスケットボールというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“バスケットボール技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄?姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【バスケットボールスクールハーツ6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る 『未来に輝く子供たちのために』 お子様の可能性は無限大! 心のやわらかな幼少期に、バスケットボールを通して健やかな心身を育むサポートを致します。 幼少期の体験はかけがえの無いものです。たくさんの仲間とのふれあいのなかから学び、一人の『人』として成長します。 バスケットボールスクール ハーツでは、子供たち一人一人の成長に合わせて、様々な体制でサポート致します。 球技の中でも狭いコートの中、5人で行うバスケットボールは、お子様の神経系等の発達に最も適したスポーツの一つです。 指先を使ってボールに数多く触れることで『基本的な運動能力』を養い、瞬間的に変わる状況と展開の速さで『判断力』と『俊敏性』を身につけ、思い切ったプレイで『発想力』を豊かにし、どこからでもシュートを狙うことで『積極性』を育てることができます。 勝つことだけにとらわれた指導では、一人ひとりの子供たちの成長は望めません。 試合は『ためしあい』であって、そこで試したことを修正しながらレベルアップしていく過程こそが成長につながり、この世の中を生き抜いていくための人間力につながると、私たちは考えます。
大阪府八尾市光町2−60 リノアス八尾 八尾フットサルガーデングリーングリーン

ハーツ(バスケ) 岸和田

大阪府岸和田市作才町1-7-15 岸和田市中央体育館
大阪府岸和田市作才町1-7-15 岸和田市中央体育館

ハーツ(バスケ) 泉大津

大阪府泉大津市宮町2-50 泉大津市立総合体育館
大阪府泉大津市宮町2-50 泉大津市立総合体育館

ハーツ(バスケ) 信達

大阪府泉南市信達牧野705 信達小学校体育館
大阪府泉南市信達牧野705 信達小学校体育館

ハーツ(バスケ) 信太キッズ

大阪府和泉市尾井町2丁目8-17 信太小学校
大阪府和泉市尾井町2丁目8-17 信太小学校

ハーツ(バスケ) 羽衣キッズ

大阪府高石市羽衣公園丁1 羽衣青少年センター
大阪府高石市羽衣公園丁1 羽衣青少年センター

テリオス(陸上)猪名川キッズスクール

大阪府
体操
大阪府
体操
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
大阪府池田市桃園2丁目8-1782-3 猪名川運動公園 北多目的広場
【人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方】 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 【陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を】 私達は、陸上競技を通して子供達の『心』と『体』の成長を最重要と考え、日々の活動を行っております。 現在では、子供達の「体力低下」が大きな問題となっています。 良く、これらの光景を目の当たりにします。 「スキップが出来ない」「ケンケンが出来ない」「片足で長時間立つことが出来ない」・・・ これらは、私達が何となく出来ていた事で、誰からも特別に教えてもらって出来るようになったものではないと思います。 しかし、現状「遊ぶ場がない」「鉄棒が公園にない」「外で思いっきり体を動かすことがない」「危ない」・・・等といった問題があります。 このことで、子供達が出来ないのではなく、そういった「場」がなくっているのです。 そこで、私達テリオスでは、子供達のそのような『場』を提供します。 【『走る』『跳ぶ』『投げる』スポーツに必要な運動能力要素】 陸上競技は、「個人競技」であり「団体競技」です。 自身を磨く事と共に、相手を思いやる気持ちや周囲の事を考える力も身に付きます。 また、「走」「跳」「投」と多くの種目があり、自身の可能性を見出せる競技でもあります。 学校で行われている体力テストを思い浮かべて下さい。 「走る」「跳ぶ」「投げる」という種目があります。 そうです。 これらは、陸上競技にも含まれており、陸上競技の種目は、必要な運動能力要素が含まれているのです。 即ち、幼少期には、このような「能力」を身に付けておくことが重要となります。 テリオスは「陸上競技」を教材として幅広いスクール内容を提供しています。 【アスレチックを通して身につく、社会生活に必要な基礎力】 私達は、子供達のことを本気で考え、本気で接していきます。子供達に未来へ大きく”羽ばたいてほしい”という想いを込めています。 子供達の一度きりの大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長のサポートをすることに努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、テリオスアスレチックスクールにお任せください。
大阪府池田市桃園2丁目8-1782-3 猪名川運動公園 北多目的広場

テリオス(陸上)香里ヶ丘スクール

大阪府枚方市香里ヶ丘4丁目17-1 香里ヶ丘中央公園運動広場
大阪府枚方市香里ヶ丘4丁目17-1 香里ヶ丘中央公園運動広場

テリオス(陸上)猪名川スクール

大阪府池田市桃園2丁目8-1782-3 猪名川運動公園 北多目的広場
大阪府池田市桃園2丁目8-1782-3 猪名川運動公園 北多目的広場

テリオス(陸上)神路キッズ

大阪府大阪市東成区東中本2丁目12番地 神路運動場
大阪府大阪市東成区東中本2丁目12番地 神路運動場

テリオス(陸上)浪速

大阪府大阪市浪速区元町3丁目15番地 浪速塩草敷津公園
大阪府大阪市浪速区元町3丁目15番地 浪速塩草敷津公園

テリオス(陸上)野中南

大阪府大阪市淀川区野中南2-1 野中南公園
大阪府大阪市淀川区野中南2-1 野中南公園

リベルタ 本庄

大阪府
サッカー
大阪府
サッカー
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※全ての子供たちが持っている『無限の成長の可能性』 『子供の可能性は無限大』。ありきたりな言葉ではありますが、子供たちの成長する姿を現場で見ていると、私たちには実感としてヒシヒシと伝わってきます。無限の成長の可能性を、全ての子供たちが間違いなくもっていると、確信しております。 子供は、さまざまな経験をつむことで成長していきます。しかし、一人だけでは『心の成長』は不可能です。子供は子供の中でしか育ちません。いろいろな性格・年齢・性別の子供たちと、幼少期から交わることが、『心の成長』のためには必要なのです。その場面を私たちはスポーツを通して提供しております。 ※私たちが考える「自由」の定義 『LIBERTA』とはイタリア語で「自由」を意味します。しかし、【自由=何をしてもいい】ではありません。真の自由とは、周りの人たちと協調でき、周りの人たちから理解を得られ、周りの人たちに認められて、はじめて手に入れることができるものなのです。それはサッカーのゴールに至る過程と同じです。サッカーは1人ではプレーできません。自由気ままにプレーしていては、決してゴールをきめることはできません。ゴールするには自分の身を挺して、仲間にパスを送ることも必要です。仲間からの信頼を得て、パスをもらうことも必要です。相手に立ち向かう勇気を試されることもあります―。 その結果が素晴しい“自由なゴール”につながるのです。 ※サッカーを通して身につく、社会生活に必要な基礎力 私たちはサッカーという素晴らしいスポーツを通して、子供たちに「あいさつがしっかりできる」「時間を守ることができる」「約束を守ることができる」「リーダーシップを身に付けることができる」「人の気持ち(痛み)がわかる」「感謝の気持ちをもつことができる」「自分より弱いものをいたわることができる」など、社会生活に必要な基礎力を身につけさせます。目の前の障害から逃げずに、勇気をもって立ち向かっていける子供たちを育てます。未来に輝く子供たちのために、これからも私たちは全力で取り組んでまいります。 「子供たちの心に体力を!」 私たちリベルタサッカースクールにお任せください。 ※リベルタサッカースクールの教育 1)サッカーを通して、子供の心身を育てる リベルタは、サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子供たちの心に体力を 私たちは“サッカー技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄・姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リベルタサッカースクール6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る ※『未来に輝く子供たちのために』 『サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたい!一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい!と夢を持って活動をしているのがリベルタサッカースクールです。未来を担う子供たちのために、私たち大人が、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 私たちは“サッカーの技術向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。 成長期の子供たちは、ぐんぐん背が伸び、たくさんの知識を身に付け、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かります。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化する社会で生きていくために必要な『心の体力』=『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、全ての子供たちが本来持っている力を引き出していくのです。 また、子供たち自身にも『より良い社会』に感心を持ってもらえるよう、様々な社会貢献活動を行っています。
大阪府大阪市北区本庄西3-11 本庄公園
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2歳から12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※全ての子供たちが持っている『無限の成長の可能性』 『子供の可能性は無限大』。ありきたりな言葉ではありますが、子供たちの成長する姿を現場で見ていると、私たちには実感としてヒシヒシと伝わってきます。無限の成長の可能性を、全ての子供たちが間違いなくもっていると、確信しております。 子供は、さまざまな経験をつむことで成長していきます。しかし、一人だけでは『心の成長』は不可能です。子供は子供の中でしか育ちません。いろいろな性格・年齢・性別の子供たちと、幼少期から交わることが、『心の成長』のためには必要なのです。その場面を私たちはスポーツを通して提供しております。 ※私たちが考える「自由」の定義 『LIBERTA』とはイタリア語で「自由」を意味します。しかし、【自由=何をしてもいい】ではありません。真の自由とは、周りの人たちと協調でき、周りの人たちから理解を得られ、周りの人たちに認められて、はじめて手に入れることができるものなのです。それはサッカーのゴールに至る過程と同じです。サッカーは1人ではプレーできません。自由気ままにプレーしていては、決してゴールをきめることはできません。ゴールするには自分の身を挺して、仲間にパスを送ることも必要です。仲間からの信頼を得て、パスをもらうことも必要です。相手に立ち向かう勇気を試されることもあります―。 その結果が素晴しい“自由なゴール”につながるのです。 ※サッカーを通して身につく、社会生活に必要な基礎力 私たちはサッカーという素晴らしいスポーツを通して、子供たちに「あいさつがしっかりできる」「時間を守ることができる」「約束を守ることができる」「リーダーシップを身に付けることができる」「人の気持ち(痛み)がわかる」「感謝の気持ちをもつことができる」「自分より弱いものをいたわることができる」など、社会生活に必要な基礎力を身につけさせます。目の前の障害から逃げずに、勇気をもって立ち向かっていける子供たちを育てます。未来に輝く子供たちのために、これからも私たちは全力で取り組んでまいります。 「子供たちの心に体力を!」 私たちリベルタサッカースクールにお任せください。 ※リベルタサッカースクールの教育 1)サッカーを通して、子供の心身を育てる リベルタは、サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子供たちの心に体力を 私たちは“サッカー技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄・姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 【リベルタサッカースクール6つのポイント】 1)子供の中で子供は育つ 2)心の成長を第一に考えます 3)異学年交流の素晴らしい効果 4)指導員は常に真剣勝負です 5)理念を共有する大人たち 6)マナーや環境を守る ※『未来に輝く子供たちのために』 『サッカーというスポーツを通じて、人を育てていきたい!一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい!と夢を持って活動をしているのがリベルタサッカースクールです。未来を担う子供たちのために、私たち大人が、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 私たちは“サッカーの技術向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。 成長期の子供たちは、ぐんぐん背が伸び、たくさんの知識を身に付け、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かります。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化する社会で生きていくために必要な『心の体力』=『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、全ての子供たちが本来持っている力を引き出していくのです。 また、子供たち自身にも『より良い社会』に感心を持ってもらえるよう、様々な社会貢献活動を行っています。
大阪府大阪市北区本庄西3-11 本庄公園

リベルタ 牛ノ口

大阪府岸和田市上野町東1−1 牛ノ口公園運動広場
大阪府岸和田市上野町東1−1 牛ノ口公園運動広場

リベルタ 金剛中央

大阪府富田林市久野喜台2丁目2 金剛中央公園
大阪府富田林市久野喜台2丁目2 金剛中央公園

リベルタ 牛ノ口キッズ

大阪府岸和田市上野町東1−1 牛ノ口公園運動広場
大阪府岸和田市上野町東1−1 牛ノ口公園運動広場

リベルタ 金剛中央キッズ

大阪府富田林市久野喜台2丁目2 金剛中央公園
大阪府富田林市久野喜台2丁目2 金剛中央公園

リベルタ 牧野キッズ

大阪府枚方市牧野北町15-26 牧野グラウンド
大阪府枚方市牧野北町15-26 牧野グラウンド

ポルテ(野球)南大樋

大阪府
野球
大阪府
野球
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
大阪府高槻市南大樋町970 南大樋運動場
※人生を変える幼少期の教育「非認知能力」の育み方 幼少期と呼ばれる2〜12歳ごろの教育が重要であることは一般的にも知られています。しかし、何歳の時に何の能力を教えて知識をつける事が必要なのか、大人になった時に「人生を豊かにするためにはどんな能力が必要なのか」を知らない人が大勢いるのが現状です。 これまでは幼少期の教育として、試験の成績やIQで測ることのできる能力をはじめとする「認知能力」が最も重要であるとされており、勉強に関することに力をいれてきましたが、望むような効果が得られない状況が続いていました。そんな中、さまざまな調べによって「非認知能力」が非常に注目されています。私達は、スポーツを通じて「非認知能力」をつけるための教育を行っています。 ※先ず野球を始めるきっかけを与えたい 私達の活動は、先ず野球を始めるきっかけを与えたいという考えの下にあります。 現在、安全性などの理由から自由に使用できる公園や空き地が少なくなっています。 その傍らで、現代社会における子供達の運動能力低下が問題となっています。 皆様は、この2つの事実をどのように捉え、またお考えでしょうか? 実際に、一般利用者とバット等の道具を使用する野球とが、共に使用するには危険が伴います。 そこで私達は、子供達の安全を最大限に考慮した、より良い環境を提供したいと考えています。 一昔前では、学校が終われば誰が言い出す訳でもなく、子供達は公園や空地に集まり、無邪気に遊び、真剣にスポーツをし、日が暮れるまで一生懸命に楽しんでいました。 『今一度そんな光景を作りたい!』と、私達は真剣に考えています。 ※野球の基本精神『キャッチボール』 野球というスポーツの基本には、キャッチボールがあります。 キャッチボールは決して1人ではできません。最低でも1人の仲間が必要です。 そこで必要なのは、思いやりとマナーです。 相手に捕り易い球を投げる。捕れない球を投げたら素直に謝る。 たったこれだけの事が出来れば、思いやりもマナーも身に付ける事が出来ます。 また、ボールを後逸してしまったら、どちらに責任があったとしても当然のように黙って捕りに走ります。 その度に文句を言っていたら成立しません。 私たちは、この【キャッチボール】の応用が【野球】だと考えます。 ※野球を通して身につく、社会生活に必要な基礎力 野球をする上では、何よりも チームメイト=仲間 が大切です。 練習する仲間がいなければ、もちろん試合など出来ません。逆に仲間が一緒にいれば、辛い事でも共に頑張り乗り越える事が出来ます。チームメイトから友情の素晴らしさ、大切さを学びます。友達が出来れば笑顔になります。笑顔になれば、楽しくなれます。 その他にも野球はたくさんの事を教え、学ばせてくれます。勇気・闘志・努力・強さ・弱さ・悔しさ…など。 数え上げたら切りがない程です。そして何よりも、体を動かす喜びを感じる事が出来ます。 子供達にとって最も大切な時期をお預かりしている以上、大きな責任と愛情を持って、全力で成長をサポートする事に努めています。 『子供達のココロに体力を。』 私達、ベースボールスクールポルテにお任せください。 ※ポルテの教育 1)野球を通して、子供の心身を育てる ポルテは、野球というスポーツを通じて、人を育てていきたいと考えています。一人ひとりが元気に成長していく笑顔を見守り、しっかりと明るい未来につなげていきたい! と夢を持って活動を続けています。未来を支える子供たちのために、私たちが、今出来ることを精一杯やっていきたいと思います。 2)子どもたちの心に体力を 私たちは“野球技術の向上”だけではなく、“心の体力づくり”を絶対の教育基本としています。子供たちは驚くべき速さで成長します。ぐんぐん背は伸び、日に日にたくましくなっていくのが目に見えて分かるほどです。そのような人間としての土台を作る大切な時期だからこそ、めまぐるしく変化するこれからの社会で生きていくのに必要な『心のたくましさ』を養ってほしいと思います。 3)環境が人を育てる 子供たちが育つ上で何より重要なのは環境です。元気で明るい仲間たち、真剣に子供の成長を考える指導者、チャレンジするための舞台、あたたかく見守る周囲の大人たち。これらの環境が、どの子でも本来持っている力を引き出していくのです。また、子供たち自身も、周りの環境をより良くしていこうという気持ちが持てるようにという思いを込めて、様々な社会貢献活動を行っています。 【効果】 ・礼儀 元気なあいさつができる。 ・協調 みんなで協力する喜びを知る。 ・健康 楽しみながら丈夫な体になる。 ・愛情 年下の子供と交流し兄•姉体験ができる。 ・自立 自分で考え行動ができるようになる。 ・友情 友達への思いやりを持つ。 ・元気 外で遊ぶことが大好きになる。 ・率先 リーダーシップを発揮できるようになる。 『未来に輝く子供たちのために』 激動していく時代だからこそ、子供には、しっかりとした人間力をつけてあげたい。そんな保護者の方のお気持ちに、お応えするのがベースボールスクール ポルテです。 一般的に子供の成長は、2〜3才から自我が芽生えはじめ、小学校1・2年生の頃には中間反抗期、そして3年生のギャングエイジと呼ばれる期間へと向かいます。 このめまぐるしく知能が成長する間に、社会性の基礎や一人ひとりの性格の方向性が、ほぼ決定されると言います。 そんなもっとも貴重で柔軟なこの時期に、友達との協力が大切なスポーツ「野球」をご提案します。 楽しくボールを投げる・捕る・打つ・走る。そんなひとときの中で、子供たちは、自ずと“社会生活で必要な基礎力”や“豊かで自由な感性を持ち、力強く生きていく力”の土台を培っていきます。 私たちポルテは“野球の技術向上”はもちろんのこと、社会を強く生き抜くために必要な“心の体力づくり”を絶対の教育理念としているスクールです。 元気に成長していく子供たちの笑顔を見守りながら、しっかりと明るい未来へつなげていきたい!と夢を持って活動を続けています。
大阪府高槻市南大樋町970 南大樋運動場

ポルテ(野球)与力町

大阪府大阪市北区与力町5 与力町運動場
大阪府大阪市北区与力町5 与力町運動場

ポルテ(野球)十三

大阪府大阪市淀川区十三元今里1-1 十三野球場
大阪府大阪市淀川区十三元今里1-1 十三野球場

ポルテ(野球)猪名川キッズスクール

大阪府池田市桃園2丁目-3-1782番地-1 猪名川運動公園
大阪府池田市桃園2丁目-3-1782番地-1 猪名川運動公園

ポルテ(野球)みの池スクール

大阪府堺市美原区阿弥377-1 みの池野球場
大阪府堺市美原区阿弥377-1 みの池野球場

ポルテ(野球)猪名川スクール

大阪府池田市桃園2丁目-3-1782番地-1 猪名川運動公園
大阪府池田市桃園2丁目-3-1782番地-1 猪名川運動公園