子供にパソコン「プログラミング」を習わせるべきか?「プログラミング教育」

programing

子供向けパソコンスクール・プログラミング教室

昨今、子供向けのパソコンスクール・プログラミング教室が増えております、その背景には「文部科学省が小・中でのプログラミング教育を推進してる」ことが要因だと言えます。

文部科学省・プログラミング教育

なぜ小学校にプログラミング教育を導入するのか

今日、コンピュータは人々の生活の様々な場面で活用されています。家電
や自動車をはじめ身近なものの多くにもコンピュータが内蔵され、人々の生
活を便利で豊かなものにしています。誰にとっても、職業生活をはじめ、学
校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、
コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報と
を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつ
つあります。
コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを
知ることが重要です。コンピュータは人が命令を与えることによって動作し
ます。端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、命令を与えること
が「プログラミング」です。プログラミングによって、コンピュータに自分
が求める動作をさせることができるとともに、コンピュータの仕組みの一端
をうかがい知ることができるので、コンピュータが「魔法の箱」ではなくな
り、より主体的に活用することにつながります。

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」引用

文部科学省も言及しておりますが、子供のプログラミング教育においての目的は、プログラムスキル、コーディング能力を習得することではなく、プログラミングにおいて論理的思考力や創造力、問題解決能力を育成するため。

プログラミングとは

様々な手法・言語を使い、コンピュータへの指示を書くこと。パソコンやスマホはもちろんのこと、炊飯器・冷蔵庫などの家電や、自動車・飛行機と言った機械を制御するためにもプログラムが必要となります。

ある処理を実行させたい「目的」のために、どのような道筋と処理「手段・方法」で実現し、意図したように動作しない場合の「問題解決」方法を考え、プログラミングする。

プログラミングを学ぶことで

必要なシステムをつくるために、何が課題で、それを解決するためにはどうしたらよいかを見つけ、それを実現するプログラムを考える。

これは、社会人基礎力にもつながる資質や能力を育むことができると言えますし、子供の視点から考えると、理数系の科目に強くなる、物事をじっくり考える習慣が身につくなど、学習面でよい効果を得ることができます

プログラミング教育

期待できる効果と・プログラミング教育の導入により「子供向けパソコンスクール・プログラミング教室」は注目を集めるものとなると思われます。

さすがにプログラミング経験のない親にとって、子供に「プログラミング」を教えるのは難しい・・・・

親が子供に習ってほしいこと、習い事に通うことで身に着けてほしいこと、望みや目的は様々ですが、やはり子供自身が興味を持って意欲的に取り組みそして結果として身に付き将来に役立ててくれる。それこそが一番だと思います。そのためにはスクール選びも大事です。

全国の「パソコン・プログラミング教室」を探す

1人でも多くのお子さんが自分に合ったスクールで夢や憧れの場と出会えますように!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*