英語を習得するうえで最も大事な2つのこと。子供の英語教室。

英語環境の整備と継続

言語を一つ習得するためには、とにかく”継続”が一つの大きなポイントになります。母語でさえ、生まれた時から大人になるまで、日々学校へ通って学ぶのですから、当然と言えば当然です。
●親である自分は、どのくらい英語が使えるのか
●一日のうち、何分くらいの英語学習なら、子どもの負担にならないか
●インプット・アウトプットのバランスよい英語環境が可能か

eigo3

年齢別の英語への子どもの一般的な反応

・【0~2歳】
母語が完成していないため、英語への順応性がもっとも高い時期です。この時期に、親の関わり(=語りかけや絵本の読み聞かせ、歌など)で英語に親しむことに加え、ネイティブの音声に日常的に触れられる環境があれば、バイリンガルとしての素地をしっかり作ることが出来ます。
CDやDVDなどの教材を使う際の注意点としては、ただ映像を見るだけでなく、意味が分かっていることが大切です。自由な言葉のアウトプットに至る為には、意味を理解して、状況に合わせて使い分けたり、再構築するする必要があるため、大人が一緒にいて、インタラクティブな関わりをすることが最も重要な要素です。
親の側が、言語としての英語習得の音が聞こえてくることと、それを集中して聞くということを混同しないことが大切です。

・【3~4歳】
そろそろ日本語にない音を完全にコピーすることは難しくなってきますが、まだまだ順応性が非常に高い時期です。外国語に対する抵抗もあまりありませんので、繰り返しも苦にせず、楽しんで学んでいきます。友だちとの関わりも上手になり、体を動かすのも好きで、簡単なゲームもできるようになるので、英会話教室などにも、馴染みやすい時期だと言えるでしょう。日本語との混乱の心配もなく、楽しんで英語に親しめる、という点では、とても良い時期ではないでしょうか?
しかし、この時期の子どもは覚えるのも早いですが、忘れるのも早いので、モチベーションを継続できるかどうかが焦点になります。

・【5~6歳】
日本語の基礎がすでに、ほぼ完成した状態になっているので、新たに、語と意味をひとつずつ一致させていかなければならない英語については、’学習’という意識が生まれます。この時期に、いきなり英語のDVDや本などを与えても、意味が分からないこととして、関心を示さないことも良くあります。
英語を使わなければならない環境を意識的に用意するか(英語を話す友だちを作る)、知的好奇心を損なわない内容の簡単な絵本やアクティビティを通して、英語を使うことに徐々にならすところから始めるようにすると良いでしょう。
この頃には、できるようになっていることが多い反面、わざわざ知的レベルに差があることはしたがりません。英語そのものを学ぶより、英語で何かを学べることへ意識を向けさせれば、心理的壁は随分低くなる傾向があるようです。

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

 

わくわくスクール

私たちといっしょに地域教育を盛り上げませんか?

お問い合わせが増えたと評価を得ています当サービスもご活用ください。

掲載例
http://waku2sc.com/soltilo-hakata/
http://waku2sc.com/ichigo-0519-koga/


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*