サッカーで身につく能力とは?子供のサッカー教室。

近年W杯で盛り上がる日本サッカー。これからますます人気の高まるスポーツになりそうですね。お子さんにはぜひサッカーを習わせたいと思っている方も多いと思います。しかしサッカーを習わせるための教室。実はいろいろなタイプの教室があることをご存知でしょうか。今回はサッカー教室選びに迷った時のヒントになるポイントをお伝えします。

サッカーで身につく能力とは

巧緻性

サッカーをする中で身についていく運動能力といえば巧緻性です。巧緻性とは「運動するときの動きの巧みさ」のこと。サッカーの動きでいうとシュートを打つ、相手をかわすというサッカーにとってのひとつひとつのプレーそのものが巧緻性を必要とする動きです。サッカーが上達するということは、この巧緻性が磨かれるということになるのです。

鳥かご??

息子がサッカースクールに通っていたころ、初めて耳にした「鳥かご」。「鳥かごって意外に面白いよ!」サッカーの練習から帰ってきた息子が口にしたこの言葉。いったい何?と思った私はすぐに息子に聞きました。「サッカーの練習みたいなボールを取り合う遊びだよ。」いう息子。息子にとっては練習というより「鳥かごで遊んだ。」という感覚。ですがよくよく聞いてみると、遊びの中にしっかりとした意図があるものだったことに私は気がつきました。はい。まさに巧緻性を高めるための遊びです。その頃私はまだ小学校の先生でしたので、さっそく体育の授業でもとりいれましたよ。さて、皆さん、この「鳥かご」。どんな遊びかご存知ですか?もしかすると遊んだことがあるでしょうか。遊び方はとっても単純です。数人で円く輪になって広がり、その中にひとり、鬼が入ります。人の輪のかごに鳥(鬼)が入っているのですね。輪になっているみんなが、鬼にボールを取られないよう蹴ってボールをパスしていくという単純な遊びです。こんなに単純な遊びですが、サッカーに必要な能力を身につけることができるという実はすごい遊びだったのです。しかもとっさの判断力も養われます。このように、サッカーは試合だけではなく、ボールを蹴る遊びの中でも巧緻性が養われていくスポーツです。

期待できるのは、運動能力だけではない!

サッカーをする中で身につく能力は運動能力ばかりではありません。11人という集団の中で、自分の役割を果たし、仲間と協力してプレーをすることが大切なサッカーは、友だち一人一人を認め、仲間と話し合いをすることでチームとしての成長していくものです。仲間の大切さを感じていくこと、仲間を尊重することで協調性も育まれていきます。チームが強くなるために自分の技術を磨こうという強い気持ちも育っていくことが期待できます。

≪プロフィール≫

心音

170964
37歳までは小学校の先生。その後はいろいろな学校で先生のお仕事をいただきながら「書く・描く」ことを楽しんでいます。わが子はいつの間にか成長し、おとなのようにも見えますが、まだまだ進化しているようです。先生と子育ての経験がお役にたてたらうれしいです。

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*