そもそもリトミック本来の目的ってなに?子供、リトミック教室。

リトミックとお遊戯の違い

リトミックの始まり

20世紀初めに音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズが始めたリトミックは、音楽を聞く聴覚を鍛えるソルフェージュを含み、様々な面で音楽を感じる教育法です。日本でも山田耕作が早くから注目したことで広まり、現在も幼児教育の中に取り入れられています。「幼児リトミック」として初めは私立の限られた幼稚園で行われていましたが、最近では一般的になり、地域の子どもの交流のためにも講座が開かれています。

rito2

リトミックの目的

リトミックでは五感を使って楽しみながら音楽を学ぶことができます。幼いうちから和音やハーモニーといった複雑な音楽の要素をわかり易い形で反復し体に覚えさせます。将来的に音楽関係の才能が開花するための素地にもなります。

音に集中して聴覚を敏感にさせることで、音感が良くなります。小さいうちだからこそ、絶対音感を身につけさせたいという目的で習い始める家庭もあります。また、ピアノの音や体の動きをつかい、子どもにとって馴染みやすい形で学べます。

 

リズムを体感するのがリトミック

リトミックでは、音楽を総合的に体感するカリキュラムで、体でリズム感を覚えこみます。子どもにとっては動きの中にリズムを感じるのは自然なことであり、それをリトミックの講師が学習させることで音感として身についていきます。

集団で行うリズム学習は、一体感も感じられ子どもにとって楽しい時間になります。歌に合わせた振りを覚えるお遊戯とは違い、決まった型がないのも幼児期の学びにぴったりな方法です。ある程度自由な表現も許されているので、元気なお子さんでも大丈夫です。

≪プロフィール≫ 

stylo2

stylo
大学卒業後一般企業で社長秘書を経験。現在小学生・幼稚園生・2歳児の3児のママ兼ライターとして奮闘中。子どもの習い事やお出かけを楽しみに日々駆け回っています。

 

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*