リトミックをやることで実感する3つの効果とは?子供、リトミック教室。

初めは赤ちゃんのお世話に追われ、家事をするだけで精いっぱいな新米ママは多いものです。少し成長して、日中児童館などへ出かけられるようになったら「リトミック」を始めてはいかがでしょう。初めての習い事として親子で楽しめるリトミックは、乳幼児期に行うことで、音楽に必要な要素を体で覚えられるのが利点です。その後本格的に音楽を始めた時にも効果を発揮してくれます。今回は、親子で楽しめる音感教育リトミックについて紹介します。

リトミックで実感する3つの効果

音感が良くなる

リトミック教室ではピアノやタンバリン・鉄琴など使ってレッスンします。子どもたちはリズムに合わせて手を打ったり、ジャンプをしたりします。体の動きを使って拍子をとるので、音の長さを実感しながら覚えられます。将来的に楽譜にある2拍子や4拍子を理解するのに役立つ効果があります。歌を歌う時にも拍子が取れれば苦手意識を持つこともなくとり組めるようになります。音の高さや低さなども体感しながら覚えられ、音楽センスが磨かれます。

 

感受性が豊かになる

音に合わせて体を動かすことが表現あそびにつながるリトミックは子どもの感性も伸ばします。「かめさんのようにゆっくり」「うさぎさんのようにはやく」といった声掛けは想像力も広げてくれます。子どもにとって親しみやすいたとえで、自分なりに表現する機会が持て、表現力が付くのはリトミックならではの効果です。

 

コミュニケーション上手になる

リトミックは歩き始めたばかりの幼児がはじめて集団で行う習い事として人気があります。公民館や児童館で開かれる低料金のレッスンも多く、小さいうちでも通いやすい環境が揃っています。同じくらいの年齢の子どもと一緒に同じ動きをすることで、人をまねながら成長が促進されます。家にこもりがちになる子育て期ですが、コミュニケーションの場として親子で楽しめるのもリトミック教室へ通う利点になります。

 

≪プロフィール≫ 

stylo2

stylo
大学卒業後一般企業で社長秘書を経験。現在小学生・幼稚園生・2歳児の3児のママ兼ライターとして奮闘中。子どもの習い事やお出かけを楽しみに日々駆け回っています。

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*