幼児期の体操教室から得られる3つのメリットとは?子供の体操教室。

子どもの運動不足が指摘されていますが、遊び場の消失や低年齢からのゲームなど環境面も親を悩ませています。その中で注目されているのが体操教室など、体をたくさん動かす習い事です。体操といえば日本は世界的にも強豪国で、オリンピックでの活躍も期待されています。体操教室は盛況で、トップを目指すスクールだけでなく、楽しみの範囲でできるスクールもあります。今回は、子どもの体操の習い事について紹介します。

 

体操を習うことの3つのメリット

運動が好きになる

低年齢向けの多くの体操教室では、まずは楽しみながら身体を動かす指導を行っています。器械を使った難しい体操をする前の段階で、運動に親しむ準備段階が欠かせません。走り回ったり、ジャンプしたりといった誰にでもできる基本の動きから始まることで運動することが楽しいと感じられるようになります。また、器械体操や新体操など専門的な教室では幼いころから身体能力を高くするトレーニングが受けられます。

 苦手を克服

少し大きくなってくると、鉄棒や縄跳び、ボール投げなど道具を使った運動をする機会が増えます。コツがつかめない子は、この段階で苦手意識を持ってしまいがちです。体操教室では苦手と思うような運動でも、プロのインストラクターが指導するので自然にできるようになります。簡単に見える動作も、親が教えるのが難しい家庭も多いでしょう。幼いころから体操を習っていると、コツがわかるのでたいていの運動は器用にできるようになります。

 

健やかな体作り

低年齢での運動不足は、子どものメタボリックシンドロームにもつながります。痩せていても貧血になったり、虚弱体質になったり、健康に差しさわりがある児童が増えています。体操を習うことで体力が付き、全身運動で体幹を鍛えられます。

成長に欠かせない睡眠にも運動が関わっています。適度な運動は健康的な睡眠も支えているため、体操を習っている子は眠りのリズムも良く健やかに成長していきます。

 

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

 

 

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*