オリンピックで注目!道場とスクールの違いとは?子供の空手教室。

空手を習わせるなら道場が一番?

空手の基本から組み手と形の試合

空手の道着を占める帯はどの流派でも白から始まり、黒が最上位を示します。それぞれの流派の形を覚えることで昇段審査に受かり、ランクアップしていく仕組みです。

空手では、昇段を目指して頑張る一方、試合を行って勝敗をつけることもあります。試合にも形の出来栄えを競う形試合と、組手を行う組手試合があります。

組手試合では、それぞれの流派によって勝敗の決まり方が違います。ポイント制・ダメージ制といった違いもあります。フルコンタクトなのか、グローブなど防具の上からあてるのか、寸止めなのか、拳を軽く当ててもいいのかといった点も流派によって違ってきます。

全国に多くある空手道場

空手道場は週に2回以上通う場合が多く、近い方が便利です。大体月会費は5000円くらいで、武道系は回数が多いのでお得と考えられます。道着は子ども用でも10000万円くらいはかかります。また、昇段審査や大会に出る際は別途お金がかかります。流派によって考え方や教え方が違うのであらかじめ調べ、実際見学してから決めることが大切です。

先生との相性は、大きく子どものやる気に左右するポイントです。厳し過ぎる、生徒数が先生に対して多い、優秀な生徒ばかりに手をかけているといった点は気を付けてみるべきポイントです。

 

スポーツクラブにもある空手スクール

気軽に空手に親しめるのが、スポーツクラブの主催する空手スクールです。本格的な道場ではなく、ダンスなども行われるスタジオが使われることが多くなります。月会費制で週に1度の稽古のところが多く、入会金や道着代のほかに、スポーツクラブのバッグなどを購入する必要がります。

講師は各空手連盟から来ているので、それぞれの流派によって学ぶ内容は変わります。試合も行われ、道場と同じように昇段審査も受けられます。一つのクラスで基本は一人と、講師の数が少ないことが多く、子どもの扱いになれていない先生だと厳しい面もあります。体験を利用して、講師と子供との相性を見極めましょう。

セントラルウェルネスクラブ野間大池 福岡市南区柳河内1-2-7

http://waku2sc.com/central274-5/

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

 

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*