オリンピックで注目!空手をすることで鍛えられる3つの力とは?子供の空手教室。

空手の真っ白な道着を着ている小さい姿は男の子のママには憧れる人も多いものです。心とカラダが鍛えられる日本武道の中でも、空手は小さい子でも始めやすい最もポピュラーな武道です。最近はTVで空手演武を披露する天才少女も現れ、2020年東京オリンピックの種目候補になるなど、注目を集める空手について今回は紹介します。

空手で鍛えられる3つの力

精神力

運動が好きな子供にとって、体操教室や水泳教室は人気がありますが、空手などの日本武道では、運動するだけでなく精神的にも鍛えられます。礼に始まり礼に終わるという徹底した姿勢は他の習い事では身につくものではありません。入門した当初は数か月、お辞儀や礼の練習をするところもあります。また、黙想の時間を取るのも一般的で、集中力を高め、精神的にも落ち着きを身につけている子どもが多くみられます。

体力

空手道場では週に2回以上稽古があるのが一般的です。空手の稽古は大きな声をだしながら何度も突き・受け・蹴りを繰り返すため、体力がつきます。また、形の練習ではむずかしい動きを習得するのに反復が必要です。止めるところはきっちり止める、大きな動きと速い動きの緩急も負荷のある運動になります。稽古を通して体力をつけ、組手での勝ち負けだけではない強さにつなげていきます。

コミュニケーション能力

師範や先生から空手を習うなかで礼儀が重んじられ、目上の人への挨拶ができるようになります。緊張感を持ちながら師弟関係を体験する場としても貴重な体験ができます。また、一緒に頑張る仲間と切磋琢磨しながら成長できるのも魅力です。帯の色が変わるなかで、ライバルとしてモチベーションを持たせてくれる存在が見つけられるでしょう。稽古の回数が多ければ、友達も増えます。道場では年長者が小さい子の面倒を見るのが自然なことなので、幅広い世代とのコミュニケーション能力が身につきます。

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*