幼児期から始めることで身に付く3つの能力とは?子供のバレエ教室。

女の子の習い事といえばバレエのイメージを持つ親御さんは多いでしょう。背筋がピンと伸びた姿勢が身につき、幼いころからバレエをしていると大人になっても立ち姿が美しくなります。

バレエは優雅な身のこなしや、チュチュやリボンなど可愛い衣装が目につきますが、レッスンでは地道な努力が必要です。発表会などの費用面も気になるでしょう。実際にバレエを習うにはどういったポイントがあるか、こちらに紹介します。

バレエを続けると身に付つく3つの効果

リズム感・豊かな感性

フランス生まれのバレエは、1・2・3にあたる「アンドゥトロワ」などフランス語の指示が良く使われます。基礎の練習で足のポジションや体重移動を覚えてから、音楽にのせてバレエを踊る高度な技術が身につけていきます。その際にリズム感は欠かせず、練習をするごとに体が覚えていきます。

また、レッスンで様々な音楽を聞くことで、リズム感を良くするだけでなく感性を豊かにします。先生や他の子のバレエを見る機会も多くなり、芸術的な刺激をうけ、豊かな感性が身についてきます。

 

 柔軟性・姿勢の良さ

バレエレッスンではストレッチをしっかり行います。もともと柔軟性の高い子どもにとって苦にならず、楽しみながらより柔軟になれるのもポイントです。体が柔らかいバレリーナですが、もともと柔軟な体質の人ばかりではありません。子どものうちから始めることで、柔軟性が身につくケースも多くなります。

また、常にまっすぐで美しい立ち姿を意識することから姿勢が良くなります。美しい姿勢は大人になった時も周囲の目を引きます。さらに、きれいな膝の形をキープするために、日常的に正座をさせないように指導をするスクールもあります。子どものうちに身につけると一生得をするバレエの効果ともいえます。

 

表現力

バレエはダンスというより総合芸術としてとらえられています。そのため、体全体で物語や人の心を表現します。ただ美しいだけでなく、表現力を磨くにも良いとされ、アイススケートの選手も大人になってから習っているほどです。

子どものころからバレエに親しむことで自然に表現力が身につき、発表会で役をもらうことで自信も持てるでしょう。作品世界を理解することも合わせて行っているので、状況や相手の気持ちなどへの洞察力も磨かれます。色々な作品や舞台に触れることで、視野が広がるのも子どものころにバレエをさせる魅力の一つです。

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*