幼児から小学生に根強い人気の習い事、書道教室。得られる3つのメリットとは?

書道や習字は、昔から変わらず人気がある子どもの習い事です。どちらも学習の基礎となる日本語を習得することにつながります。大人になると、書道をやっていた人とそうでない人では、教養の差を感じるものです。幼いうちに書道の基礎を固めることで、一生使える美しい字が身につきます。

厳密には、字の美しさを芸術の域に高める書道と、正確に文字の書き方を習得する習字は違うといわれます。今回は、実は、美しい字以外にもそれぞれにメリットのある書道と習字について紹介します。

書道・習字で得られる3つのメリット

字がきれいになる

子どもが初めて字が書けようになると、成長が感じられ嬉しいものですが、小学校に上がるころには字の形や書き順なども重要になります。書道や習字では書き方の基礎を大切にしていて、正確に教えてくれるので、字がきれいになります。「とめ」や「はね」といったおろそかになりやすい書き方のポイントや、子どもには難しい「はらい」も繰り返し訓練することできるようになります。

集中力がつく

書道や習字はお手本をまねることから始まります。目で見て同じように書き写すのは未就学の子どもにとってはまだまだ難しいことです。試行錯誤することで考える力が身に付き、書き直しができないため集中力も高まります。小学校に上がってから学習に取り組む際に、この集中力が活かされます。簡単に消せるパソコンの文字とは違い、書き直しができないため、一つの字に集中して書くことにつながっています。

姿勢が良くなる

「書き方の基本は正しい姿勢から」と教える教室は多く、書道や習字を習っていると背筋が伸びてきます。特に机に向かう時に背中を伸ばす癖がつくので、学校に入ってからもきちんと席について姿勢よく過ごせるようになります。和室を使って行われる教室では正座をするため、畳の上でのマナーも身につきます。癖がつく前に始めることで、鉛筆の持ち方もきれいになります。

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

 

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*