幼児期から小学生でバレエから得られるメリットと注意点とは?子供のバレエ教室。

バレエを習うなら覚えておきたいメリット・注意点

女の子らしさが育まれるメリット

バレエを通じて楽しみながら良い姿勢や指先まで神経のトド置いた優美な身のこなしができるようになります。モデルや女優など芸能人にバレエ経験者が多いのは、見られることに慣れ、立ち姿や振る舞いが美しくなるからといえるでしょう。

実際はハードな全身運動でもあり体幹が鍛えられます。バレエを続けていると、年をとっても体が衰えにくくなります。大人になっても一生涯の趣味として続けている人が多いのも人気を表わしています。

やる気やセンスに左右される費用対効果の注意点

子どもがやってみたいと言って始めても、小さいうちはやる気や体調に波があって当然です。しかし、出費が大きいスクールでは、親の期待が大きくなり、お休みなどにはつい厳しくしてしまいがちです。子どものモチベーション落ちているときでも、出費に対してゆとりを持って無理なく続けられる範囲でのスクール選びは重要です。

また、子どものやる気があっても、技術によっては良い役がもらえない可能性もあります。費用が高いスクールに通っても、もしかして向いてなかった、ということも想定しておいた方が良いかもしれません。

 

まとめ

バレエは女の子に人気の習い事です。華やかなイメージですが、地道な練習を継続する子どものやる気と、費用面での親のサポートがバレエには欠かせません。バレエは続ける中で姿勢も良くなり、柔軟性も高まります。大人になって美しい立ち姿を見せられるように、長く続けられる環境を与えてあげられるといいですね。

≪プロフィール≫

sophia
上智大学・イギリス留学を経て、現在、英語教師・英語学習関係のライター業に携わっている。一児の母。幼少から、クラシック音楽に触れ、ピアノやパイプオルガンの演奏経験あり。

わくわくスクール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*